フグ取扱者養成講習会を開催しました。

フグ取扱者として必要な知識及び技能を習得するため、「佐賀県フグによる事故防止対策実施要綱」に基づく「フグ取扱者養成講習会」を開催しました。


○期 日 平成30年2月2日(金)10:00~16:00

○場 所 アバンセ(佐賀県立男女共同参画センター・佐賀県立生涯学習センター)

○講習科目

  • ・フグに関する法規制、衛生知識
  • ・フグの鑑別及び処理方法(実技指導)

○受講資格

  • ・フグ取扱者の監督下で、2年以上フグ取扱いの実務に従事していること。

 

 

まず、「フグに関する法規制」及び「フグに関する衛生知識」について、講義を受けました。

 

午後からは「ふぐの歴史・鑑別及び処理について」DVDを視聴しました。


 

次に、調理実習室に移動し、講師の先生に「フグの鑑別及び処理方法」について実技指導をしていただきました。



実技指導では、有毒部位と可食部位をトレイに分けて各部の確認をしました。

 

最後に、受講者に「フグ取扱者養成講習会受講済証」を交付し、講習会を終了しました。

 

 

 

 

腸管出血性大腸菌による高額請求!「あんしんフード君」と「休業補償特約」にご加入で更なる安心を!【平成29年12月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2017.12.1~12.31抜粋)が掲載されました。

今回は、山形県で発生した腸管出血性大腸菌O157(牛タン定食)による食中毒の事例が紹介されています。

本事例では休業補償特約が付加されていたため、7日間の休業に対して428,720円が支払われました。しかし、正しいあら利益で申請をしていなかったため、実際の営業損失は100万円以上であったにもかかわらず縮小支払い(減額されての支払い)となり、十分な補償が受けられませんでした

平成30年1月1日の制度改定に伴い、休業補償の掛金は「あら利益」から「年間売上高」で算出するよう変更となっています。「あら利益」を申請していた旧制度の時より、上記のような縮小支払いが防げるようになりました。

ただし、正しい「年間売上高」を申請していないと、結果として縮小加入となってしまいますので、ご加入いただく際には正しい年間売上高をお知らせいただくようお願いいたします

食中毒だけでなく、業務上の過失による事故(施設賠償)、お預かり品に係る事故(受託物賠償)を含め、食品等事業者のリスクをトータルに補償する「あんしんフード君」、及びワンランク上の総合食品賠償共済「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2017.12.1~12.31】
-休業補償特約の掛金算出方法の変更!正しい年間売上高の確認を!-

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

【お知らせ】「共済事業のご案内」のパンフレットを新しいものに変更しました。

平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されましたが、「共済事業のご案内」のページのパンフレットを、平成30年1月1日始期分以降の内容が記載されたものに変更しました。

 

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

なお、平成30年1月1日の制度改定に伴い、「食品営業賠償共済」の「施設賠償特約」と「受託物賠償特約」が廃止となりますので、ご注意ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ

 

施設賠償事故による高額請求!あんしんフード君でトータル補償を!【平成29年11月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2017.11.1~11.30抜粋)が掲載されました。

 

今回紹介されている事例は、店舗の移動式立て看板が台風による強風で飛び、近隣の店舗と車両に損害を与えた事例です。

 

被害対象が複数となったため、共済金は1,537,383円(特別費用含む)と高額な支払いとなっております。

 

平成28年度の事故件数757件のうち施設賠償事故は338件と全体の約45%を占めており、施設賠償リスクに対する備えは事業者の方にとって必要不可欠のものとなっています。

 

平成30年1月1日の制度改定に伴い、「食品営業賠償共済」の「施設賠償特約」と「受託物賠償特約」が廃止となります。

 

近年増加傾向にある施設賠償リスクに備えるためにも、「あんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2017.11.1~11.30】
-制度改定に伴う特約が廃止されます!ご注意ください!!-

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

制度発足以来初、支払共済金1億円を超える事故が!!【日食協ニュース平成29年12月号より】

日食協ニュース平成29年12月号に「ギランバレー症候群発症の事例」が掲載されました。

 

制度発足以来初、支払共済金1億円を超える事故が!!

-ギランバレー症候群発症の事例-

 

平成28年3月兵庫県にて、店舗に来店した父子がとりササミのたたきによるカンピロバクター食中毒を発症し、父親がカンピロバクター食中毒が原因と考えられるギランバレー症候群を発症し、四肢の麻痺により日常生活に介助を要するため、後遺障害1級と認定されました。

 

今回の事例は、被害者が働き盛りの40代男性でお子様もいらっしゃることから、105,452,693円での示談となりました。

 

加入者は「あんしんフード君」に「1口」加入されており、損害賠償金の支払限度額である1億円と、特別費用の1,000万円を加えたことにより、損害賠償金を賄うことができました。

 

近年、発生した死亡者を含む大規模食中毒事件では、被害者(遺族)から求められた損害賠償金が数億円にのぼった事例も報告されています。

 

万が一の大規模食中毒に備え、「あんしんフード君」への加入・切り替えをご検討いただくとともに、支払限度額(口数)についても、考えてみてはいかがでしょうか。

 

あんしんフード君の口数掛率
(口数・支払限度額・掛率)
2口・2億円・1.26
3口・3億円・1.41
4口・4億円・1.51
5口・5億円・1.6
(中略)
10口・10億円・1.85
※上記のとおり、10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります。

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

高額請求の増加!あんしんフード君への加入でいざというときに備えを!【平成29年10月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2017.10.1~10.31抜粋)が掲載されました。

 

今回紹介されている事例は、提供したサバによるアニサキス食中毒によってアニサキスアレルギーを発症した事例です。

 

アレルギー体質となったことにより、今後、出汁を含む魚介類等の摂取が制限され、食中毒がお客さまの今後の生活に大きな影響を与えることとなりました。

 

本件は被害者が7,959,985円の損害賠償金を求め提訴しておりましたが、和解成立による損害賠償金2,200,000円、特別費用220,000円、弁護士費用714,871円、免責金額▲1,000円、合計3,133,871円の共済金をお支払いいたしました。

 

平成28年度、アニサキス食中毒では共済金を51名に対し3,576,519円支払っており、1名あたりに換算すると70,128円でした。

 

本事例においてお支払いした共済金が、アニサキス食中毒被害者1名に対する支払いとしていかに高額かご理解いただけるかと思います。

 

万が一食中毒事故が起きた場合、損害賠償金が思わぬ高額になるケースもあります。

 

万が一の事故に備え、「あんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2017.10.1~10.31】
-食中毒が原因でアレルギー体質に!?アニサキスによる事故事例-

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口9,000円(飲食店年間売上3,000万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

あんしんフード君のご案内

あんしんフード君・食品営業賠償共済

共済事業のご案内

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されます。

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

治療方法次第では高額に!? 異物混入による損害賠償【平成29年9月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2017.9.1~9.30抜粋)が掲載されました。


今回紹介されている事例は、製造した白飯に異物が混入しており、喫食したお客が奥歯を欠損し治療した事例です。


共済金の内訳は治療費475,000円、慰謝料49,500円、被害者への休業補償54,000円、特別費用57,850円をお支払いしております。


平成28年度の異物混入での事故は44件、共済金8,288,209円が支払われており、歯の治療のため1事故最高で3,688,150円の支払いをした事例もありました。


歯の治療は治療期間が長期に渡るケースや、インプラント治療等の高度な治療方法を余儀なくされ、思わぬ額の賠償請求となることもあります。


万が一の事故に備え、「あんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。

 

「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2017.9.1~9.30】
-高額請求に要注意!異物混入による事故事例!-

 

※食品衛生協会に入会されると、

  「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口9,000円(飲食店年間売上3,000万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

 

平成29年度の手洗い講習会の開催計画がまとまりました。

当協会では、食品衛生、食中毒防止の意識を向上させ、公衆衛生の向上を図ることを目的として、幼稚園、保育園、小学校等において園児、児童またはその保護者等に対し、効果的な手洗いを食品衛生指導員が実演し、また実際に受講者に体験させることにより、衛生管理の重要性や食中毒の予防の意識を高めることとしています。

内容的には、手洗いチェッカーを使用して手洗いの重要性を指導するとともに、ルミテスターによる洗浄度測定なども実施しています。

当初は県内の一部地区のみを対象として実施していましたが、現在は、県内全域の幼稚園、保育園及び小学校等を対象として、また支部内で偏りなく実施できるよう計画的に実施しています。

なお、当該手洗い講習会は「ノロウイルス食中毒予防強化期間(11月~1月)」を中心に開催することとしています。

(平成29年度の計画)

別添計画(実績)のとおり各支部管内の幼稚園、保育園、小学校等において、食品衛生指導員が講師となって、手洗いの実演講座を開催し、園児、児童及びその保護者等に対し衛生教育を行うこととしています。

平成29年度手洗い講習会開催実績

平成29年度食品衛生全国大会が開催されました。

平成29年10月25日(水)~26日(木)に平成29年度食品衛生全国大会が開催されました。


初日の平成29年10月25日(水)食品衛生センターにおいて全国支部長会議が開催され、事業の進捗状況が報告されました。

 

 

その後会場を移し、ヤクルトホールにおいて第57回食品衛生指導員全国大会が開催されました。

 

 

指導員全国大会では、体験発表並びに指導員理事表彰が行われ、佐賀県からは3名の方が受賞されました。

 

第57回指導員全国大会【指導員表彰は佐賀県分抜粋】

 

翌、平成29年10月26日(木)には、明治座において食品衛生功労者・食品衛生優良施設表彰式が執り行われました。

 

 

佐賀県関係では、厚生労働大臣表彰が2名・1施設、公益社団法人日本食品衛生協会会長表彰が3名・3施設、同協会会長感謝状が1名それぞれ受賞されました。

 

平成29年度食品衛生全国大会(功労者・優良施設表彰式)【名簿は佐賀県関係抜粋】

 

 

【お知らせ】「ノロウイルス食中毒予防強化期間」がスタートしました。

秋から増えてくるノロウイルス食中毒。今年のはじめには「きざみのり」を原因食品とする、患者数1,000人を超えるノロウイルスによる大規模な集団食中毒が発生し、ノロウイルスの怖さを再認識させられました。

 

ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット【有償頒布のため28年版を掲載しています】

 

今年度も11月から1月までの3か月間を「ノロウイルス食中毒予防強化期間」と定め、行政機関等の協力を得て、日本食品衛生協会と全国の食品衛生協会が連携し、食品等事業者の自主的な衛生管理の徹底を図るとともに、一般消費者の方々へのノロウイルス食中毒予防に関する普及啓発事業を展開しています。

 

 

【日食協】ノロウイルス食中毒予防強化期間

 

佐賀県食品衛生協会では、「ノロウイルス食中毒予防強化期間」協賛事業として各支部において手洗い講習会を別添のとおり開催することとしています。

 

平成29年度手洗い講習会開催実績

 

その他各支部で多彩な取組を行っています。

 

平成29年度「ノロウイルス食中毒予防強化期間」取組状況

 

また、日本食品衛生協会では、ノロウイルスの知識と対策のための冊子『ノロウイルス食中毒・感染症からまもる!!』が、改訂新版として発刊されていますので、この機会に是非購入をご検討ください。

 

「ノロウイルス食中毒予防強化期間」出版物紹介

 

日食協でノロウイルス食中毒発生から共済金支払いまでの流れを実際に起きた事故事例に基づいて漫画でまとめた「あんしんフード君」の紹介チラシが作成されています。
「あんしんフード君」は、さまざまな損害・費用をカバーする「食協」会員の強い味方です。

 

もしも、ノロウイルス食中毒を発生させてしまったら

 

この機会に、是非「あんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

なお、平成30年1月1日始期分からは「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込んだ「スーパーあんしんフード君」も是非ご検討ください。


「あんしんフード君」ノロウイルス食中毒補償内容

 

 

共済事業のご案内

 

※加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ