【お知らせ】北島前会長が令和元年春の叙勲を受章されました。

令和元年春の叙勲の受章者が5月21日に発表され、当協会の前会長 北島恭一氏が「旭日小綬章」を受章されました。


北島前会長は、平成24年の当協会県内支部の統合や平成25年の公益法人への移行などが認められ受章されています。


【内閣府】春の叙勲等

 

 

 

【講習会のご案内】調理師試験の「準備講習会」について

佐賀県が実施している「調理師試験」については、本年度から公益社団法人調理技術技能センターに委任されており、受験願書は同センター(東京都中央区日本橋堀留2-8-5 JACCビル5階)へ提出していただくこととなっています(詳細は佐賀県にお問い合わせください。)が、当協会では昨年に引き続き「調理師試験」を受験される方向けに「準備講習会」を開催しますので、調理師試験を受験される方にあっては、是非お申し込みいただくようお願いします

 

【準備講習会の日時及び場所】
佐賀会場
日時 令和元年9月4日(水)~6日(金) 3日間
時間 10:00 ~ 17:00(初日のみ10:15から
場所 アバンセ(佐賀県立男女共同参画センター・佐賀県立生涯学習センター)
   佐賀市天神3丁目2-11(0952-26-0011)


唐津会場
日時 令和元年9月10日(火)~12日(木) 3日間
時間 10:00 ~ 17:00(初日のみ10:15から
場所 相知交流文化センター
   唐津市相知町中山3600番地8(0955-62-3111)

【準備講習会の受講料】※金額は2019年4月1日現在の税率で表示しています。
10,800円(FAXまたは郵送での申し込みはテキストを郵送しますので、別途郵送料360円が必要です。)

  • 当日受講できなかった場合や、後日受験資格がないことが判明した場合も、受講料の返却はできませんので注意してください。
  • ※また、講習会で使用するテキストは当協会で準備しますので、テキスト代相当の返金はできません

【準備講習会の申込期間】 令和元年5月13日(月)から6月14日(金)まで

  • 県の受験願書の配布及び提出期間(5月13日から6月7日までと期間が異なりますので、注意してください。
  • 受講申込者が定員に達した場合は、申込期限前に締め切ります

  

◆佐賀県が実施している「調理師試験」の詳細は、「【令和元年度】佐賀県調理師試験のお知らせ【佐賀県】」のページをご覧ください。

 

◆当協会が開催する「準備講習会」の詳細は、「講習会のご案内-調理師試験準備講習会」のページをご覧ください。

 

その共済、リスクに見合った補償が担保されていますか?【平成31年3月分 共済金の支払い状況より】

 

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2019.3.1~3.31抜粋)が掲載されました。

 

今回ご紹介する事例は、被害者への賠償共済金の他に消毒や原因調査など、「あんしんフード君」でないとお支払いできない費用が多くあった事例です。

 

 店舗営業をする以上、食中毒事故のリスクは常に伴います。
 会員の皆さまの共済(または保険)はそのリスクに十分対応できる補償が担保されていますか。 

 
 例年冬になると大流行するノロウイルスですが、営業施設でノロウイルスが発生した場合の補償は、被害者の治療費等だけなのでしょうか。


 営業施設でノロウイルスが発生した場合、被害者の治療費見舞金休業補償等の損害賠償の他、従業員の検査や施設の消毒費用、場合によっては設備の交換など、想定される補償は多岐にわたり、高額になる可能性もあります。


 今回の事例における支払内訳をみると被害者への賠償共済金の他に消毒や原因調査など、「あんしんフード君」でないとお支払いできない費用が多くありました。


 食中毒が発生した際には高額かつ幅広い範囲で費用がかかってくることもあります。


万が一事故を起こした際に被害者への十分な補償と営業再開に支障がないよう、「あんしんフード君」及び「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。

 

「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2019.3.1~3.31】

ー損害賠償金支払いだけじゃない!?ノロウイルスによる高額事例!ー

 

また、「スーパーあんしんフード君」及び「あんしんフード君」加入者のみの特典として「弁護士無料電話相談サービス」 がありますが、日食協ニュースに下記のとおり相談事例が紹介されています。

あんしんフード君「弁護士無料電話相談サービス」相談事例【日食協ニュース2019年03月号】


※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円(飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

○主な改定内容

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

【食品衛生指導員・食品営業者の皆さまへ】令和元年度の重点指導項目が決まりました。

公益社団法人日本食品衛生協会から、別添のとおり令和元年度の巡回指導に当たっての重点指導項目について、平成29、30年度に引き続きHACCPの考え方に基づく衛生管理の実施」とされた旨お知らせがありました。

【日食協】食品衛生指導員による巡回指導について

 

「HACCPに沿った衛生管理」は食品の衛生管理を行う上で重要な課題であり、これらの普及、定着には官民の力を結集して進めていく必要があります。食品衛生指導員活動においても、更なる普及に重点を置いて進めていくこととされており、巡回指導において全国の食品衛生指導員の意識を統一し、普及・啓発の充実、強化を図っていくこととされています。

まもなく指導員の皆様のお手元に「巡回指導資料」が届くと思いますが、現場で指導助言の際に使用できる資料が欲しいとの要望もあり、日食協では現場で使える指針が作成されています。

内容は、Ⅰ 基本方針、Ⅱ HACCPの考え方を取り入れた衛生管理、Ⅲ 巡回指導等におけるポイント、Ⅳ Q&A、Ⅴ 重要管理のポイント記載例(参考)で構成されています。

具体的には、小規模な一般飲食店向け手引書の概要に加え、「巡回指導等におけるポイント」、「Q&A」では、実際の巡回指導時にこれだけは伝えたい、このような質問があるのでは?を想定した内容が掲載されています。また「重要管理のポイント記入例」では、できるだけ多くの飲食店の事例を紹介することによって、巡回指導時の参考としてご活用いただけることを目指されています。

HACCPに沿った衛生管理の完全実施まで待ったなし!行政との連携を十分に図りながらHACCPの普及を指導員の力で推進していきましょう!

令和元年度巡回指導資料活用のお願い

なお、厚生労働省のホームページに「食品等事業者団体が作成した業種別手引書」が掲載されていますので、巡回指導の参考にしてください。

 

【食品等事業者団体が作成した業種別手引書】

 


また、佐賀県では、HACCPに沿った衛生管理の制度化に向けて、小規模な飲食店や喫茶店を営業されている事業者の方を対象にHACCPの考え方を取り入れた衛生管理に関する講習会が開催されます。

 

「飲食店を営業しているが、HACCPを導入したいがやり方が分からない。」、「新しく飲食店の開業を考えているが、事前に衛生管理計画を作成しておきたい。」など営業者で受講を希望される方は下記アドレスを参考に、各保健福祉事務所に申し込んでください。
 

【講習会のご案内】令和元年度調理師試験「準備講習会」の受付を開始しました。

令和元年度の調理師試験「準備講習会」の受付を本日から開始しました(6月14日まで)。
「調理師試験」受験書類の配布及び提出期間は6月7日(金)までですので注意してください。

 

詳細に関しましては「講習会のご案内-調理師試験準備講習会」のページをご覧ください。

なお、5月15・16・20日及び6月4日につきましては、県庁内にあります協会本部は不在の為、本部での受け付けはできませんので、県内各保健福祉事務所内にございます協会各支部にお申し込みをお願い致します。

令和元年度食品衛生責任者講習会の日程をアップしました。

このたび、佐賀県知事から食品衛生責任者講習会の指定を受け、昨年に引き続き当協会で「食品衛生責任者講習会(養成講習会及び実務講習会)」を実施します。

 

令和元年度食品衛生責任者講習会日程

 

講習会のご案内

※講習会受講の留意事項

①「養成」講習会

営業許可申請書類の提出時に、「養成講習会」の申し込みをしていただくとともに、受講料の支払をお願いしています。まず、管轄の「保健福祉事務所」に食品営業許可申請書を提出してください。

 

「食品衛生責任者」の変更についても、まず、管轄の「保健福祉事務所」に変更届を提出していただくとともに、無資格者の場合は「養成講習会」の申込をお願いします。

 

許可申請や変更届については下記お問い合わせ先一覧の「保健福祉事務所」に講習会については「食品衛生協会各支部」にお尋ねください。

 

②「実務」講習会

「食品衛生責任者」は、佐賀県食品衛生条例の規定により「常に食品衛生に関する新しい知見を習得しなければならない」とされていますので、各支部から送付される「実務講習会」の案内等により必ず年に1回受講してください

 

※各支部の日程の最後に、それぞれ「未受講者向け講習会」を予定していますので、通知された日程で都合が悪い場合は、各支部にお問い合わせください。


③協会に入会された方には食品衛生責任者講習会の受講料に対する補助があります。

養成講習会は5,400円の補助10,800円 → 5,400円)

実務講習会は2,700円の補助3,780円 → 1,080円)年1回受講

食品営業者の皆さまへ~食品衛生協会から入会のご案内~

※金額は2019年4月1日現在の税率で表示しています。

食品衛生協会から退会されると、各種共済に加入できなくなり、食品衛生責任者講習会受講料への補助も受けられませんのでご注意ください。


※講習会の日程や協会入会等については、所管の支部(佐賀中部支部ほか)にお問い合わせください。

お問い合わせ先一覧へ

食中毒事故に備え幅広く補償ができる「あんしんフード君」の検討を!【平成31年2月分 共済金の支払い状況より】

 

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2019.2.1~2.28抜粋)が掲載されました。

今回ご紹介する事例は、初期対応費用等の各種費用の支払いが高額であった事例です。


加入者が製造・販売した蒸しまんじゅうを喫食したお客さまが黄色ブドウ球菌による食中毒症状を発症し、2名が入院、1名が通院しており、損害賠償金112,724円、休業補償金159,052円、その他、消毒費用などの各種費用を697,190円お支払いしました。


 今回の事例のように食中毒事故を起こした場合、食品事業者が負担する費用は被害者への賠償金に加え、事故の原因調査や施設の消毒などの営業再開にかかる費用等により高額となり、加入者店舗の営業が危ぶまれる、といったケースも想定されます。


 「食品営業賠償共済」は、被害者への損害賠償金しか補償されませんが、「あんしんフード君」ではそういった被害者への損害賠償金以外に負担する各種費用に対する補償も取り揃えております。


 万が一食中毒事故を起こしてしまった際にも安定した経営ができるよう、幅広く補償ができる「あんしんフード君」をご検討ください。 

 

食品営業者を取り巻くリスクは幅広くあるので、さまざまな状況にも対応できる「あんしんフード君及び「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。

 

「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2019.2.1~2.28】

ー損害賠償金よりも消毒費用等の各種費用の支払いが高額!!ー

 

また、「スーパーあんしんフード君」及び「あんしんフード君」加入者のみの特典として「弁護士無料電話相談サービス」 がありますが、日食協ニュースに下記のとおり相談事例が紹介されています。

あんしんフード君「弁護士無料電話相談サービス」相談事例【日食協ニュース2019年03月号】


※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円(飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

【お知らせ】講習会受講料への消費税の転嫁について

当協会は、平成24年度に県内の各支部を統合し、それに伴い平成25年度から消費税(地方消費税を含む。以下同じ。)の課税団体となりました。

本来であればその際、講習会受講料金に消費税を転嫁した金額をいただくべきところを、金額を据え置いたため、「講習会受講料」に消費税が事実上未転嫁のまま現在に至っております。

そのため、平成25年度の課税団体該当以降、消費税を転嫁していない受講料の中から国税庁に納税しており、当協会の財政運営に影響を与えている状況です。

そのような中、201910月には消費税のさらなる増税が決定していることもあり、従来どおりでは運営が困難になること、また、国から講習会受講料を含む物品・サービスの調達に対して消費税を転嫁することが求められていることから、平成31年4月1日以降に開催する「講習会の受講料」に消費税を転嫁させていただくことといたしますので、受講される皆さまにおきましては何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。


 

【参考】※下記金額に消費税を転嫁させていただきます。

食品衛生責任者講習会受講料

・養成講習会:会員5,000円、非会員10,000

・実務講習会:会員1,000円、非会員3,500

調理師試験準備講習会受講料:10,000

 

HACCPの考え方に基づく衛生管理の手引書(「小規模な飲食店事業者向け」ほか)が作成されました。【2017年10月13日掲載分】

現在、厚生労働省では、食品の安全性の更なる向上や食中毒等の食品事故の防止対策が必要であることから、HACCPによる衛生管理を制度として位置付け、定着を図っていくことが検討されています。

しかし、HACCPの7原則をそのまま実施することが困難な小規模事業者や業種については、HACCPの考え方に基づく衛生管理の基準(基準B)を導入すればよいとされ、厚生労働省と相談して策定された手引書等を参考にしながら、必要に応じて重要管理点を設けて管理する方法が導入される予定となっています。

日食協では、こうした方針に基づき、厚生労働省の助言や有識者で組織する「食品衛生管理に関する技術検討会」での確認を受けて、このほど小規模な一般飲食店事業者向けの手引書が作成されました(下記のとおり「小規模な飲食店事業者向け」以外にも、厚生労働省のホームページには、食品添加物製造や機械製乾めん・手延べ干し麺製造など業種別の手引書が掲載されています。)

この手引書は、①難しい言葉を極力使わない②食中毒予防の3原則を基本とする③手順を追うと衛生管理プランが作成できるようにする④記録の手間をなるべくかけないように配慮する、という基本的な方針のもとに作成されています。

手引書の構成は、食中毒予防3原則を基本に、今取り組んでいる衛生管理とメニューに応じた注意点を衛生管理計画として「見える化」し、できた計画を実行して記録するというものです。

手引書では、過去の食中毒の原因となった①原材料の受入②冷蔵・冷凍庫の温度の確認③交差汚染・二次汚染の防止(器具等の洗浄・消毒・殺菌、トイレの洗浄・消毒)、④従業員の健康管理・衛生的作業着の着用など(手洗いを含む)、について、「なぜ必要なのか」理解し、「いつ」、「どのように」管理し、「問題があったときはどうするか」の対応が示されています。

さらに、提供する多くのメニューを、非加熱のもの加熱するもの加熱後冷却し再加熱するものの三つのカテゴリーに分類して、それぞれチェック方法がわかりやすく解説されていますので、ご活用下さい。

HACCPの考え方に基づく衛生管理の手引書(小規模な飲食店事業者向け)概要版

HACCPの考え方に基づく衛生管理の手引書(小規模な飲食店事業者向け)詳細版


※データは、下記リンクを参照してください。
【厚生労働省】※リンク先を修正しました。

《手引書》
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000179028_00003.html
《HACCP》

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/haccp/index.html

 

※上記には「小規模な飲食店事業者向け」以外にも、食品添加物製造や機械製乾めん・手延べ干し麺製造など業種別の手引書が掲載されています。

【日食協】
http://www.n-shokuei.jp/eisei/haccp.html