【お知らせ】「ノロウイルス食中毒予防強化期間」がスタートしました。

ノロウイルスによる食中毒は年間を通して発生しており、特に冬期に多発し、大規模な集団食中毒も発生しています。
感染者や調理器具などを介して汚染した食品を喫食することによりノロウイルス食中毒が発生することが多いことから、食品取扱者の健康管理や衛生的な手洗いの実施、調理器具の消毒などが極めて重要です。

 

このような状況の中、ノロウイルスによる食中毒を未然に防止し、消費者の食への不安を解消するため、11月から1月までの3か月間を、「ノロウイルス食中毒予防強化期間」と定め、行政機関等の協力を得て、日本食品衛生協会と全国の食品衛生協会が連携し、食品等事業者の自主的な衛生管理の徹底を図るとともに、ノロウイルスに関する正確な情報を提供し、消費者と事業者が相互に情報を共有する事業を一層強力に推進することとしています。


 

【日食協】ノロウイルス食中毒予防強化期間

 

佐賀県食品衛生協会では、「ノロウイルス食中毒予防強化期間」協賛事業として各支部において手洗い講習会を別添のとおり開催することとしています。

平成30年度手洗い講習会開催計画【12/4現在】

 

その他各支部で多彩な取組を行っています。

 

平成30年度「ノロウイルス食中毒予防強化期間」取組状況

 

また、日本食品衛生協会では、ノロウイルスの知識と対策のための冊子『(お客様・従業員・家族を)ノロウイルス食中毒・感染症からまもる!!』、食品衛生の基本である手洗いの方法などをイラストや写真を中心に解説した冊子『食中毒・感染症を防ぐ衛生的な手洗い』などが発行されています。この機会に是非購入をご検討ください。

「ノロウイルス食中毒予防強化期間」出版物紹介

 

日食協でノロウイルス食中毒発生から共済金支払いまでの流れを実際に起きた事故事例に基づいて漫画でまとめた「あんしんフード君」の紹介チラシが作成されています。
「あんしんフード君」は、さまざまな損害・費用をカバーする「食協」会員の強い味方です。

 

この機会に、是非「あんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」への切替をご検討ください。

なお、「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込んだ「スーパーあんしんフード君」も是非ご検討ください。


 

 

共済事業のご案内

 

※加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ