日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【平成28年4月分】が掲載されました。

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2016.4.1~4.30抜粋)が掲載されました。

今回は、施設賠償事故の高額支払い事例が紹介されています。

加入者はスーパーを営んでおり、店舗入口で商品を取ろうとしゃがんでいたお客様に、従業員が押していた台車が接触して、ケガを負わせてしまいました。

本件の支払いが高額になった理由は、被害者の治療が長期にわたったこと(治療費:504,312円、通院交通費:145,750円、免責金額:3,000円、特別費用:65,006円)と、それに加え、事故後被害者から加入者店舗にハラスメント行為がなされたため、弁護士に対応を委任せざるを得なくなり、弁護士費用324,000円を支払ったためです。

営業形態にかかわらず、本件のような施設賠償事故(業務上の過失による事故・施設の欠陥に起因する事故)は多く発生しており、平成27年度の共済金支払い事故件数730件のうち、施設賠償事故は291件と全体の約40%を占めています。

「あんしんフード君」にご加入の方、もしくは食品営業賠償共済に施設賠償特約を付加している方については、本件のような事例でも十分な補償が可能です。

会員の皆さまにあっては、食中毒の予防はもちろんのこと、万が一の事故の際の高額な賠償請求により経営不振に陥らないための備えとして、「あんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。

「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2016.4.1~4.30】

※食品衛生協会に入会されると、「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。【飲食店・年間売上3,000万円以下の例:あんしんフード君⇒支払限度額1口1億円、年間掛金1口9,000円(10口まで加入可)】