第59回九州ブロック大会が開催されました。

去る5月16日(水)に熊本県において第59回公益社団法人日本食品衛生協会九州ブロック大会が開催され、佐賀県支部から約130名が参加しました。


 


H30九州ブロック連絡協議会・第59回九州ブロック大会式次第


九州ブロック大会の前日5月15日(火)には、平成30年度公益社団法人日本食品衛生協会九州ブロック連絡協議会が開催され、各県から提案された議題を討議しました。



九州ブロック大会の席上「厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰」並びに「「あんしんフード君」制度発足10周年記念感謝状贈呈」が執り行われ、佐賀県支部からは、厚生労働省医薬・生活衛生局長表彰は 松隈浩様が受賞され、「あんしんフード君」制度発足10周年記念感謝状は 永沼功様及び中野眞樹子様に贈呈されました。



また、北島前佐賀県食協会長に対し、永年にわたる九州ブロック連絡協議会の発展寄与並びに食品衛生普及向上への貢献について、日食協九州ブロック連絡協議会会長から「感謝状」が贈呈されました。

 

H30厚生労働省医薬生活衛生局長表彰、退任支部長感謝状、あんしんフード君制度発足10周年記念感謝状


議事の前に鶴身日食協公益事業部長から「HACCPの制度化と日本食品衛生協会の取組」と題して特別講演が行われました。



議事の最後に大会スローガンを採択して閉会しました。


H30九州ブロック大会スローガン


九州ブロック大会の次期開催地は北九州市となります。