平成30年度の手洗い講習会の開催計画がまとまりました。

当協会では、食品衛生、食中毒防止の意識を向上させ、公衆衛生の向上を図ることを目的として、幼稚園、保育園、小学校等において園児、児童またはその保護者等に対し、効果的な手洗いを食品衛生指導員が実演し、また実際に受講者に体験させることにより、衛生管理の重要性や食中毒の予防の意識を高めることとしています。

内容的には、手洗いチェッカーを使用して手洗いの重要性を指導するとともに、ルミテスターによる洗浄度測定なども実施しています。

当初は県内の一部地区のみを対象として実施していましたが、現在は、県内全域の幼稚園、保育園及び小学校等を対象として、また支部内で偏りなく実施できるよう計画的に実施しています。

なお、当該手洗い講習会は「ノロウイルス食中毒予防強化期間(11月~1月)」を中心に開催することとしています。

(平成30年度の計画)

別添計画(実績)のとおり各支部管内の幼稚園、保育園、小学校等において、食品衛生指導員が講師となって、手洗いの実演講座を開催し、園児、児童及びその保護者等に対し衛生教育を行うこととしています。

平成30年度手洗い講習会開催計画【12/4現在】

制度改定で「あんしんフード君」の基本補償にリコール補償が追加されています!!【平成30年10月分 共済金の支払い状況より】


日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2018.10.1~10.31抜粋)が掲載されました。

平成30年1月1日の制度改定で、あんしんフード君の基本補償(各種費用等)にリコール費用補償が追加されました。(※)

これにより、製造販売した商品が原因で、身体障害や財物損壊を発生させるおそれがある場合にも回収費用等(※)が補償できることとなりました。

(※支払条件や支払対象の費用など詳しくはパンフレットを参照してください。)

今回お支払した兵庫県の事例では、ジャムの蓋を閉める工程に問題があり、製造段階で本来入ることのない細菌が混入しました。

その結果カビが発生、身体障害が生じるおそれがあるため商品回収を行いました。共済金として、在庫品と回収品を合わせた144個の廃棄費用と、代替品の製造費用として98,000円をお支払いしました。

消費者は、問題があった場合には製品回収するのは当たり前との意識が年々強まっています。製品回収に係る費用は高額になることも想定されるので、リコール費用補償のある「あんしんフード君」及び「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2018.10.1~10.31】
-制度改定で拡大した補償事項(現金盗難等特約、旅館宿泊者特約、リコール補償)で初めての支払い!!-

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

平成30年度食品衛生全国大会が開催されました。

平成30年10月24日(水)~25日(木)に平成30年度食品衛生全国大会が開催されました。

本年は、食品衛生法が施行されてから70周年並びに公益社団法人日本食品衛生協会が創立されてから70周年の節目の年となっており、それを記念する大会として開催されました。

初日の平成30年10月24日(水)食品衛生センターにおいて全国支部長会議が開催され、事業の進捗状況が報告されました。

その後会場を移し、ニッショーホールにおいて第58回食品衛生指導員全国大会が開催されました。



指導員全国大会では、体験発表並びに指導員理事表彰が行われ、佐賀県からは2名の方が受賞されました。


第58回指導員全国大会【指導員表彰は佐賀県分抜粋】


翌、平成30年10月25日(木)には、明治座において食品衛生功労者・食品衛生優良施設表彰式が執り行われました。



佐賀県関係では、『食品衛生法施行70周年記念厚生労働大臣感謝状』が「食品衛生指導員・食品衛生協会役員」1名に、「食品衛生関係団体」として1団体(公益社団法人佐賀県食品衛生協会)に、『公益社団法人日本食品衛生協会創立70周年記念会長感謝状』が「日食協支部役職員」1名に、それぞれ贈呈されました。

また、『公益社団法人日本食品衛生協会会長表彰』として4名・3施設、『同協会会長感謝状(食品衛生行政担当者)』として2名、それぞれ受賞されました。

平成30年度食品衛生全国大会(功労者・優良施設表彰式)【名簿は佐賀県関係抜粋】

 

 

【お知らせ】「ノロウイルス食中毒予防強化期間」がスタートしました。

ノロウイルスによる食中毒は年間を通して発生しており、特に冬期に多発し、大規模な集団食中毒も発生しています。
感染者や調理器具などを介して汚染した食品を喫食することによりノロウイルス食中毒が発生することが多いことから、食品取扱者の健康管理や衛生的な手洗いの実施、調理器具の消毒などが極めて重要です。

 

このような状況の中、ノロウイルスによる食中毒を未然に防止し、消費者の食への不安を解消するため、11月から1月までの3か月間を、「ノロウイルス食中毒予防強化期間」と定め、行政機関等の協力を得て、日本食品衛生協会と全国の食品衛生協会が連携し、食品等事業者の自主的な衛生管理の徹底を図るとともに、ノロウイルスに関する正確な情報を提供し、消費者と事業者が相互に情報を共有する事業を一層強力に推進することとしています。


 

【日食協】ノロウイルス食中毒予防強化期間

 

佐賀県食品衛生協会では、「ノロウイルス食中毒予防強化期間」協賛事業として各支部において手洗い講習会を別添のとおり開催することとしています。

平成30年度手洗い講習会開催計画【12/4現在】

 

その他各支部で多彩な取組を行っています。

 

平成30年度「ノロウイルス食中毒予防強化期間」取組状況

 

また、日本食品衛生協会では、ノロウイルスの知識と対策のための冊子『(お客様・従業員・家族を)ノロウイルス食中毒・感染症からまもる!!』、食品衛生の基本である手洗いの方法などをイラストや写真を中心に解説した冊子『食中毒・感染症を防ぐ衛生的な手洗い』などが発行されています。この機会に是非購入をご検討ください。

「ノロウイルス食中毒予防強化期間」出版物紹介

 

日食協でノロウイルス食中毒発生から共済金支払いまでの流れを実際に起きた事故事例に基づいて漫画でまとめた「あんしんフード君」の紹介チラシが作成されています。
「あんしんフード君」は、さまざまな損害・費用をカバーする「食協」会員の強い味方です。

 

この機会に、是非「あんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」への切替をご検討ください。

なお、「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込んだ「スーパーあんしんフード君」も是非ご検討ください。


 

 

共済事業のご案内

 

※加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ

 

 

サルモネラによる食中毒事例・高額な賠償請求にご注意を!【平成30年9月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2018.9.1~9.30抜粋)が掲載されました。

今回はサルモネラによる食中毒事例を紹介いたします。

本件ではイベントで提供した弁当を喫食したお客さまがサルモネラによる食中毒症状を発症しました。被害者152名のうち入院9名、通院114名、中には13日入院した方もいました(他、自宅療養29名)。被害者への損害賠償金とお客さまの食事代を含め、共済金約660万円を支払っており、高額かつ大きな被害が出た事例となっております。

厚生労働省の食中毒発生状況によると、サルモネラの事件数、患者数とも過去20年間で最も多かったのは平成11年で、現在では各種対策により事件数は減少しています。しかしながら未だ毎年被害者100名を超える事故が発生しているのが現状です。

今回の事例のように、損害賠償金や食事の返金代など高額な支払いが発生することもあります。常日頃からの衛生管理を徹底することはもちろんですが、万が一、事故が発生した際の経営安定のための補償として、会員の皆さまには、幅広くリスクをカバーしている「あんしんフード君」及び「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2018.9.1~9.30】

-いざというときのために幅広く補償できる「あんしんフード君」を!-

 

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

発生件数の多いカンピロバクター食中毒にご注意を!【平成30年8月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2018.8.1~8.31抜粋)が掲載されました。

厚生労働省が発表している食中毒発生状況によると、平成29年は1,014件の食中毒事故がありました。その中で発生件数が320件と最も多かった原因物質はカンピロバクターです。

カンピロバクター食中毒は鶏肉などの肉類を主な原因食品としており、近年はノロウイルス、アニサキスとともに食中毒の原因物質として毎年発生件数の上位を占めております。

今回お支払いした宮崎県の事例では、学生の団体に提供した料理を食べた30名中24名がカンピロバクター食中毒を発症しています。幸い、重篤な被害者はおらず、全員が快方に向かったとのことです。被害者への損害賠償金のほか、飲食代金の返金および通院見舞金をお支払いしました。

カンピロバクター食中毒は本年も124件(厚生労働省:平成30年9月5日現在)発生しております。

会員の皆さまにおかれましては、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理にご尽力いただくとともに、万が一の事故に備え、「あんしんフード君」及び「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2018.8.1~8.31】
-8月は多様な食中毒事故が発生!万が一の事故に対する備えを!-

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

 

もしもの事故に「あんしんフード君」で備えを!【平成30年6~7月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2018.6.1~7.31抜粋)が掲載されました。


今回は、施設の管理不備によるノロウイルス感染症の事例が紹介されています。


加入者の旅館を利用した宿泊客が体調不良を訴え、保健所が調査をした結果、浴場からノロウイルスが検出されました。


原因は、宿泊客が浴場で嘔吐した際の清掃が不十分だったことによるノロウイルス感染症と推測され、被害者への損害賠償金および保健所の指導に基づく消毒に対し、消毒費用を含む共済金約190万円をお支払いしました。


「あんしんフード君」はノロウイルスによる「飲食物に起因する事故」「施設の管理不備による事故」「人から人への感染による事故(見舞金等)」を補償対象としています。


また、従業員の検便検査費用や消毒費用などの各種費用も補償しております。


特に、本事例では消毒費用をお支払いしていることから、被害者への補償のほかに費用補償の有用性をご理解いただけると思います。


食品事業者を取り巻くリスクは食品に起因する事故のみとは限りません。


会員の皆さまにおかれましては、衛生管理の徹底はもちろんのこと、万が一の事故の際に役立つ補償を備えるため、さまざまな状況で補償ができる「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2018.6.1~7.31】
-高額支払いの増加 幅広く補償できる「あんしんフード君」の加入推進を!-

 

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。

 

手洗いマイスター認定講習会を開催し、34名の指導員が「手洗いマイスター」に認定されました。

本年度も、日本食品衛生協会の承認を受け、「手洗いマイスター認定講習会」を開催しました。

 

 

県内5支部から34名の指導員が参加し、全員手洗いマイスターの認定証が交付されました。

 

1)開催日時  平成30年8月28日(水)13251700

2)開催場所  アバンセ

3)認定者数  佐賀中部11名、鳥栖4名、唐津9名、伊万里4名、杵藤6名、合計34名

 

まず、手洗い指導の理論についてテキストに沿って学びました。

 

また、DVDを見ながら具体的な手洗いの方法を学びました。

 

次に、調理実習室に移動し、手洗いの実践を行いました。

 

手洗いの結果、洗い残し箇所をブラックライトで確認しました。

 

最後に、マイスター認定テストを受け、全員認定証の交付を受けました。


マイスターに認定された指導員の皆さまにあっては、今後地域における手洗い指導の中核を担っていただくようお願いします。

 

 

【お知らせ】8月は食品衛生月間です。【8月25日にゆめタウン佐賀で「夏の食中毒予防フェア」を開催します。】

8月1日から8月31日までは「食品衛生月間」です。

 

この取り組みは、食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、食品等事業者及び消費者に対し、食品衛生思想の普及・啓発、食品の安全性に関する情報提供及びリスクコミュニケーションの推進並びに食品等事業者のコンプライアンスの徹底を通じた食の安全の確保を図ることを目的に、厚生労働省、都道府県等の主催により実施されます。

 

公益社団法人日本食品衛生協会においては、食品衛生月間に協賛するとともに事業の一環として、食中毒事故の防止と衛生管理向上を図るため、食品等事業者及び消費者に対し、食品衛生月間を周知することを目的としてポスターが作成されています。

 

 

 

 

なお、公益社団法人佐賀県食品衛生協会の各支部においても、月間中多彩な取り組みを行っています。

 

平成30年度食品衛生月間行事実績

 

 

8月25日(土)には、ゆめタウン佐賀1階セントラルコートにおいて、

「夏の食中毒予防フェア」が協会佐賀中部支部と佐賀中部保健福祉事務所の

共催で行われますので、ふるってご参加ください。

損害賠償金だけではない!? 食中毒事故での各種費用の支払いで安心!【平成30年5月分 共済金の支払い状況より】

日食協ニュースに「あんしんフード君」等共済金の支払い状況(2018.5.1~5.31抜粋)が掲載されました。


今回は、提供した料理によるノロウイルス食中毒の事例が紹介されています。


本事例では、共済金として285,498円(被害者治療費等※:270,000円、生産物自体の損害:15,498円)が支払われています。

※被害者治療費用については1名あたりの支払限度額が定められています。詳細はパンフレットをご確認ください。


ノロウイルスのような食中毒事故を起こした場合、被害者に対しての損害賠償金以外に①見舞品代、②事故調査のための検査費用、③施設の消毒費用、④飲食代金の返金など、さまざまな費用の支払いが予想されます。


しかし、「食品営業賠償共済」では被害者に対しての損害賠償金しか補償対象となっておらず、被害者の救済費用を支払えたとしても、加入者の営業自体の存続が危ぶまれることがあります。


一方、「あんしんフード君」では、被害者への飲食代金の返金や上記の被害拡大防止のための費用など、食中毒を起こした際に発生する可能性のある費用が各種補償されます。


会員の皆さまには万が一の事故に備え、さまざまな状況で補償ができる「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」へのご加入・切り替えをぜひご検討ください。


「あんしんフード君」等共済金の支払い状況【2018.5.1~5.31】
-さまざまな状況に対応できる「あんしんフード君」を!-

 

※食品衛生協会に入会されると、

 「あんしんフード君」などの各種共済に、安い掛金で加入することができます。

 ⇒あんしんフード君 年間掛金1口8,500円H30.1.1始期分以降の飲食店年間売上3千万円以下の掛金)

           (10口まで加入可)支払限度額1口1億円

           ※10口(10億円)加入した場合の掛金は1口の1.85倍となります

 

なお、平成30年1月1日始期分から「あんしんフード君」の補償内容等が改定されました。

 

 

 

この機会に、是非「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への加入や、「食品営業賠償共済」から「あんしんフード君」「スーパーあんしんフード君」への切替をご検討ください。

 

○主な改定内容

 

「スーパーあんしんフード君」の創設…「あんしんフード君」に休業補償及び障害補償を組み込み。

 

「あんしんフード君」の掛金の引き下げ…(例)飲食店売上3,000万円以下の場合、現行9,000円を8,500円に引き下げ。

 

※下記制度改定内容一覧を参照してください。

「あんしんフード君」等制度改定内容一覧【平成30年1月改定】

 

加入申し込みは、お近くの食品衛生協会各支部にお尋ねください。

お問い合わせ先一覧へ


 【参考】

【お知らせ】食品衛生協会入会のご案内をアップしました。